明日はすぐそこ

Just another WordPress site

22 12月

電子マネーの恐怖

Posted in 未分類 on 22.12.14 by Merlyn

ついついこの間間違えて10000円をチャージしてしまいました。
定期券があるから交通費なんて殆ど使わないはずなのに…
ですがそれをお金に戻す方法ことができないらしく、そのまま使うことに。
仕方ないからそれでコンビニでお茶を買ったり、ご飯を買ったりするように
していたのですが。
気付いたら残高が2000円近くに…?
いつの間に!?と驚きました。
だって10000円あって、行ったところはコンビニばかりなんです。
駅中の本屋さんとか服屋に行ったわけではないのに。
しかもコンビニで買ったのは食べ物ばかりです。
食べ物で8000円近く使ってしまっていたらしい。
ランチはもちろん、朝ごはんにヨーグルトやパンをちょこっと買ったり
帰り道にコンビニに寄って新発売のお菓子を買ったり。
現金だとちょっと戸惑うものだけど
電子マネーだとピッとすぐに買えてしまうから…
でももう取り返しはつきません…
できることと言えば、もう電子マネーに間違えてチャージしちゃわないことくらいでしょうか。
…多分一番大事なのはコンビニ通いを止めることなんでしょうけど、
やっぱり止められない。コンビニはワンダーランド…今日も新商品を求めてふらりと立ち寄りそうです。
外資と国内損保の違いは?

コメントは受け付けていません。

29 9月

会社の昼休みで昼寝が人気です

Posted in 未分類 on 29.09.14 by Merlyn

私の会社ではベッドが備えらた仮眠室と畳の部屋で寝る事ができる部屋にマッサージができるイスとリフレッシュする設備が豊富に揃っています。

規模が大きい会社なので従業員の数が多い為社員の健康にも配慮した設備になっているのですが設置された当初はほとんど人気がありませんでした。

数年前の会社の1時間のお昼休みの過ごし方と言えばお昼ご飯を食べた後は社員らと一緒に仕事とは関係のない雑談話をして盛り上がっていました。

それが今ではスマートフォンの普及に伴い一人でゲームやインターネットをする人も出てきた一方で畳の部屋で昼寝をする人が多くなりました。

テレビで昼寝をすれば脳が活性化すると報道をされてからはみんな昼寝をするようになったのです。

畳の部屋も頑張って入って8人程度のスペースしかないので入れなかった人はマッサージチェアで寝たり休憩室のテーブルで寝るようになりました。

数年前は昼寝をする人が少なかったのですが今となっては雑談をする人の方が珍しくなっています。

スマートフォン世代の新入社員などは特に雑談をする事がなくご飯を食べた後にスマートフォンで数分チェックを終えたらその後は終了まで目をぶつってぐっすりと休んでいます。

若者から年配の世代まで昼寝が流行るようになり見た感じではまだ後半が残っているのにすでにお疲れなのかなとも思えてくるのですが昼寝をする方が後半の仕事の効率が上がるので効果はみんな出ています。

その為健康的に考えれば昼寝が人気なのはわかるような気がしました。
マンション売却

コメントは受け付けていません。

23 9月

流行りの漫画

Posted in 未分類 on 23.09.14 by Merlyn

最近流行っている漫画に、トーキョーグールというものがあります。ご存知でしょうか。あらすじは、人類と、それを捕食するグールという人型の生物が暮らす大都会東京、主人公である金木研は、ふとしたきっかけで女性グールであるリゼに襲われてしまう。しかしその時、鉄骨が落下するという事故により、金木とリゼは瀕死に陥ってしまう。その後、リゼからの臓器移植で一命をとりとめた金木研は、半分人間、半分グールという境遇を生きてゆかなければならなくなった。グールの持つ人間的な事情と、人間の持つ猟奇的な側面が入り乱れるアクションドラマ。。なのですが、この作品、今、アニメ化もされていて大人気なのです。
私もこの作品にはまった一人なのですが、この漫画の良いところは、人間の敵であるグールが必ずしも悪ではないというところ、人間の側にもグール以上に残虐なものがいるところで、展開されるドラマに複雑さがあります。特に、半分グールとなってしまった金木という主人公が抱く葛藤は、人を食わねば生きていけない身体となってしまったこと、どうしても人を殺したくないという心理、自身は、グールを狩る人間(グール捜査官)に追われる身であることなど、弱弱しい金木を狂わせて行きながらも一定の理性を保とうとする様が描かれており、なかなか面白いです。絵も迫力があってよいですし、人気が出るのもうなづけるものです。みなさんもよければ、トーキョーグール、一読されてみてください。
眠れない

コメントは受け付けていません。

25 7月

ついに正式な画像解禁

Posted in 未分類 on 25.07.14 by Merlyn

ついに正式な画像が解禁されたムービーモンスターシリーズのゴジラ2014と敵怪獣のムートーですが、クオリティは高いですが、今回は10年振りのゴジラの新作ソフビとあって期待していましたが、不況などの影響で今回は15cmぐらいしありません。昔はもっと大きく格好良かったのですが、このサイズだとなんか違うと思います。10年振りなのだから昔のように大きいサイズで発売しても良いのではと何回も思います。種類も2体しかいないので、ここは残念です。最後の作品であったゴジラファイナルウォーズでも最初のソフビは大きかったです。時代は変わるのだと改めて感じました。もしサイズが昔と同じサイズだったら購入していたかもしれません。私求める理想としているフィギュアは無可動でそれなりにリアルです。しかし現状ではリアルだけろ可動に特化したフィギュア、クオリティは低いが、可動箇所がほとんど無いフィギュア、物凄いリアルで無可動だけど上半身だけなどで、なかなか理想のフィギュアには出会えていません。予想ですが、今年は公開という事もあり、もう少し時間が経過しないと発売しないかもしれません。ちまり今年中には可能性として低いという事です。
プエラリアサプリ

コメントは受け付けていません。

17 7月

大人になってから初の登山へ

Posted in 未分類 on 17.07.14 by Merlyn

山の空気は澄んでいる感じがしてとても好き。
車では時々登ることがあるけど、大人になってからの登山は経験がなく、
自分の足での登山となると学生時代の遠足まで遡ります。
運動不足の解消にとジョギングを始めて2年、休日にはライフワークの如く走っているので体力には結構自信がつきました。

今の体力なら、と思い立ったのが登山。
標的は大阪府南河内郡にある金剛山。
なぜ金剛山を選んだか?大阪で一番高い山だからです。
最初は小さめの山から始めようかとも思ったのですが、ちょっと欲張って大阪一の金剛山に決めました。

登山当日はポカポカ陽気のいい天気、まさに登山日和でした。
登山ルートは、水越峠から山頂へ行き、そこから千早本道で金剛登山口へ下りてきます。

登り。
鮮やかな緑の葉っぱの木が多い中、ところどころに黄・オレンジ・赤の葉っぱのコントラストがとてもキレイな小さい木を発見。
金剛山は標高1000mを超えるので、山頂を目指して登っている途中で見る景色もキレイ♪

そんな景色を堪能しながら2時間弱で山頂に到着。
が、山のふもとと違ってものすごく寒い。気温は2度でした。
軽装で行っていたためあまりにも寒く、山頂を少しだけ満喫して下山することに。

下り。
千早本道を下りましたが、延々続く階段。
景色もあまり見えない。
登ってきたルートから下ればよかったと少し後悔しましたが、大人になってからの初登山は、とても素敵な一日でした。

コメントは受け付けていません。

11 4月

長男の言葉遣いと国語力

Posted in 未分類 on 11.04.14 by Merlyn

最近、家で子供の言葉遣いを直しています。
「俺」なら「自分」あるいは「僕」に、「おい!」から「あのさ」や「ねー」にです。
アニメや旦那の影響で言葉遣いは放っておいても悪くなってしまいます。
先日、先生に「Sくんは言葉遣いに気をつけましょう。
」と先生に言われてしまい、家でも気をつけるようにしました。
先生にまさか「俺」といっていないかと思い、長男に訊いてみると「それはない」とのことでした。
でも、中には「俺様」という子もいるそうです。
子供達はなぜか私の言葉を真似しないで、旦那の言葉を真似します。
旦那が直らないと子供の言葉も直らないと思い、旦那にも協力してもらいました。
すると、数週間実践した後、また、先生の方から、「Sくん、最近言葉遣いがよくなってきました。
」とうれしいお言葉をいただきました。
「言葉遣いが悪いと女の子にもてない。
」そうなので、小さいうちにだんだん直せて良かったです。
国語力もアップしてくれたらなおうれしいです。
算数の問題の中で「正方形の角はみんな①□です。
正方形の辺の長さは②□です。
」というのがありました。
長男は「①同じ②同じ」と答えていました。
正しくは「①直角②同じ」だったのですが、確かに同じなんだけれど・・・これは国語の問題みたいです。
国語力がアップするのはもう少し先になりそうです。
私がこの答えに笑ってしまうと長男は「20+4=204だったら笑えるよ。
」とおもしろいことを返してきました。

コメントは受け付けていません。

04 4月

しんかい12000が開発中

Posted in 未分類 on 04.04.14 by Merlyn

少し前の話ですが、ブラジル沖で日本とブラジルの行動調査チームが、伝説のアトランティス大陸ではないかと言われている一部を発見したというニュースがありました。
その時に使われたのが、日本が誇る探査艇のしんかい6500でした。
しんかいと言えばちょっと前まではしんかい2000というのが有名でしたが、いつのまにやら6500メートルも潜れる探査船が開発されていたようです。

しんかい6500は世界でも有数の有人潜水艇ですが、遠隔操作の無人探査艇であれば7000メートルまで潜れるものもあるというから驚きです。
さすが日本の技術はすごいと思っていたら、今度はなんと世界最深の12000メートルまで潜れる有人潜水艇の研究が始まっているのだそうです。

名前はもちろんしんかい12000ということですが、海が怖い私としてはいくら大丈夫だからといっても2000メートルですら潜れと言われても拒否すると思いますが、12000メートルとなると、探査艇に乗り込む人もさすがに怖いのではないかと思います。

御存知の通り、深海にはまだまだ未知の部分が沢山あり、次々と新種が発見されたり今まで見たこともないような地形があったりと新発見の連続ですから、研究者の方にしてみれば怖いというよりも、好奇心のほうが先に立つのかもしれません。

いつごろしんかい12000が完成するのかは分かりませんが、完成した時には今とは違ったさらなる深海の様子を伝えてくれることだと思います。
車売却

コメントは受け付けていません。